ブーツを履きこなすには

O脚になってしまう原因には、筋肉のつき方が大きく関係しています。脚の歪みでお悩みの方は多いですが、O脚の方の中には下半身太りでお悩みの方もいらっしゃいます。偏った筋肉の使い方やクセのある姿勢などによって、ふくらはぎの筋肉が鍛えられ太くなってしまうことがあります。また歪みがある場合には新陳代謝が正常におこなわれずに、余分な水分や老廃物が溜まってしまいムクミの原因にも繋がってしまいます。ふくらはぎが開いてO脚になっているような場合には、ふくらはぎの外側にある筋肉が発達して外側に引っ張る力が加わっている状態です。歩き方にクセが出てしまっている可能性がありますので、上半身から動かすような気持ちで歩くようにすることがおすすめです。ふくらはぎだけではなく太もも部分にも隙間ができて開いているような場合には、猫背気味の姿勢で骨盤が後側へ傾いているため重心が傾いている可能性があります。かかとの方へ重心が傾いてしまわないようにバランスをとることで、衰えている部分を鍛え鍛え過ぎの部分を柔らかく戻していくことができます。骨盤や脚の歪みを整えることによって脂肪の付きにくい身体作りができ、ダイエット効果も期待できます。

コメント

コメントを受け付けておりません。