ブーツを履きこなすには

ロングブーツを履く人の多くがブーツの上にヒザ肉がのってしまうことを悩んでいます。ロングブーツの上にヒザ肉がのっていると、どんなにおしゃれな服を着ていてもかっこ良くきまりません。
そもそもロングブーツにヒザ肉がのってしまう原因はロングブーツによって締め付けられた脚の肉がヒザの上に集まってしまうことと、脚が締め付けられていることによって血液の循環が妨げられ、老廃物が循環しないためヒザ上に溜まってしまうことが挙げられます。この問題を解消するためには、まずサイズのあったブーツを選ぶことが重要になります。ブーツを購入する際、ほとんどの人が足の大きさに合ったものを買いますが足のサイズが合っていてもふくらはぎの部分がきついものは脚を締め付けてしまうためヒザに老廃物が溜まりやすくなってしまいます。そのため、ふくらはぎの部分に余裕があるものを選ぶことが肝心になります。ふくらはぎに余裕があるブーツの場合、血液の循環が妨げられることがないためヒザに老廃物が溜まることを防ぐことができます。
また、長時間ロングブーツを履く場合には数時間おきにヒザ周りやふくらはぎのマッサージをすることで血液の循環を促すことが重要になります。

コメント

コメントを受け付けておりません。