ブーツを履きこなすには

ブーツの似合う脚になりたい!どんな脚を目指す?

颯爽とブーツで歩く姿は美しく、女性ならば誰でも憧れるものです。しかしダイエットして体重は落ちたのに、脚は太いままでブーツが入らないというケースもあります。これはむくみなどの影響とともに、日頃からふくらはぎの筋肉を使って歩いているためで、筋肉が鍛えられてしまえばどんなにダイエットしても、脚は細くなることはありません。そこでブーツを美しく履きこなす条件としては、まずはふくらはぎのダイエットに挑みましょう。そのために効果的なのは、やはりエクササイズです。そしてむくみの改善に関しても、エクササイズは効果があります。エクササイズの方法はさまざまですが、基本的にふくらはぎに力を入れるのではなく、太ももやヒップの筋肉を鍛えることを目標にするものが多いようです。また昔ながらの青竹踏みや、ゴルフボールやテニスボールを足の裏で転がして刺激することも、ツボ押し効果があって良さそうです。他にもフェイスローラーでふくらはぎの血流を良くするためのマッサージしたり、足湯なども効果的とされています。ちなみにエクササイズにはO脚やX脚などを改善するものもあるので、むくみケアと細くするためのエクササイズとともにそれらも実行すると、すらりと美しい立ち姿を手に入れることが可能になります。テクスチャー17 テクスチャー18